カラダのSOSサインを無視しないように

肉体労働にしろデスクワークにしろ仕事とは労働力を提供して賃金を得ているのですから当然疲れます。

若い頃は何もしなくても一晩寝て休息をとれば翌日に疲れを持ち越す事はありませんでした。

しかし年々疲れが翌日に持ち越してしまい、どんどん蓄積されているような気がしませんか?

ではどうすれば疲れないで毎日元気に過ごす事ができるのでしょうか?

そもそも疲れの原因は何なのでしょうか?

疲れの定義や疲れのメカニズムは実はまだよく分からない現状なのです。

ただ身体が疲れていると感じてこれ以上疲れさせないためにSOSを送っているのです。

このSOSを無視して働き過ぎてしまうと疲れはピークを達して過労で倒れてしまうというわけです。

つまり定義やメカニズムの解明はひとまず置いておくとして、私たちは疲れを感じたら疲労回復に努めなければいけません。